フィンペシアの安全性

フィンペシアは、AGAの治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品です。
正確にはジェネリック医薬品ではなく、限りなく類似した医薬品です。
ジェネリック医薬品は、元の薬の特許が切れてからでなければ製造できません。
そしてプロペシアの特許はまだ切れていないので、ジェネリック医薬品を作ることはできないのです。
しかしインドでは、薬品成分に関する特許が存在しないので、既存の医薬品と同じ成分を同じ量だけ使って、ほぼ同じ医薬品を作ることが可能です。
そうしてインドで、プロペシアをもとにして作られたのが、フィンペシアなのです。

フィンペシアは、正式なジェネリック医薬品ではないとしても、それでも成分はプロペシアと全く同じです。
具体的には、フィナステリドが1mg配合されています。
したがって、フィンペシアの効果はプロペシアと同じだと言えます。
薄毛や抜け毛を抑制し、AGAの進行を止めるという効果です。
そして服用した際の安全性も、プロペシアにおいて確立されているため、フィンペシアにおいても確立されていると言えます。

ただしフィンペシアは表面が、キノリンイエローという物質でコーティングしてあります。
このキノリンイエローに関しては、安全性が確立されていないので、フィンペシアを服用する際にはその点に気をつける必要があります。